障がい者(児)向けサービス

児童発達支援

児童発達支援とは

児童発達支援は、6歳未満の未就学児童が生活基本動作や集団適応訓練をしながら過ごす介護サービスです。

未就学児のため、学校終業後からご帰宅までといった短時間ではなく、午前から夕方までの時間を施設内で過ごしていただきます。その間はスタッフによる食事介助や睡眠(お昼寝)個別の機能訓練活動等を行っていきます。ご家庭で過ごされる感じと同じよう、各スタッフが「第二の親」としての感覚でご利用者様に関わってまいります。

早期の環境づくりで、豊かな成長を見守ります。

小学校へ上がる前の早い時期から、将来を見据えた環境の中で体を動かす訓練や、コミュニケーション能力を促す訓練等を通し、基本的な生活動作や集団適応能力の向上を目指します。

就学~放課後等デイサービスなどへのスムーズなステップアップを図っていきます。

障がい者(児)向けサービスのご案内
放課後等デイサービス 児童発達支援 リハビリ・訓練 ショートステイサービスについて 日中一時支援事業について 生活介護 ご利用方法について
詳しくはこちら
★まごの手サービスからのおねがい★
デイサービスで過ごす子どもたちに、ご不用の玩具、コンテナー、絵本などを譲っていただけませんか?
詳しくはこちら

Copyright© Magonote service Co.,Ltd